コラム

大切なハムスターが旅立ってしまったので葬式を行いたい…葬式までの流れを丁寧に解説します。

 

【この記事を書いた人】

CLASSIX株式会社ペット事業部 営業/終活アドバイザー

https://pets.classix.life/

 

ハムスターが天国へ旅立った時の葬式について【押さえておくべきことを解説】

最近は犬や猫だけではなく、ペットとしてハムスターを飼う方も増えています。そんな愛するハムスターを亡くしたときの葬式はどのようにして行うのか。

本記事では、ハムスターが亡くなった直後にやるべきことや火葬、葬式について解説します。

 

ハムスターが亡くなった直後は何をするべきか

もし、あなたの大切なハムスターが亡くなった時に、飼い主である私たちは一体どのような行動を取らなければならないのでしょうか。具体的には以下のようなことを行ってください。

まず、飼っているハムスターの体温を確認しましょう。亡くなった直後は、まだ暖かい可能性があります。しかし、しばらく経つと、体は冷たくなり硬直が始まるので、生死の見分けがつきやすくなります。

亡くなったハムスターは、夏場であると1〜2日、冬場であると2〜3日程度以上経つと、腐敗が進んでしまいます。この腐敗を遅くするためにも、保冷剤などでハムスターを常に冷やしておいてください。

そして愛するハムスターが快適に過ごせるように、ブラッシングなどで毛並みを綺麗にしてから体勢を整え、暗室で安眠させましょう。

 

ハムスターが亡くなったのを確認できたら次は何をすればいいのか説明します。

 

ハムスターを埋葬もしくは火葬する

自宅の庭に埋葬する方法、火葬する方法について説明します。

 

自宅の庭に埋葬する

まず一つ目に挙げられる方法として、自宅の庭に埋葬する方法です。ハムスターの温もりを身近に感じたいと考えている方におすすめです。

ただし、他の動物に荒らされてしまう可能性も考慮して、1m以上深い位置に埋葬してください。ちなみに、自宅の庭に埋葬するスペースがないからといって公園などの公共施設に埋めてしまうと、不法投棄と見做されてしまうため注意が必要です。

また「プランター葬」と呼ばれる埋葬方法もあります。プランター葬とは、植木鉢のなかに、遺体を入れて埋葬する方法です。庭に埋められる広さはないけれど、同じ空間で一緒に過ごしていたい方におすすめです。

 

火葬する

二つ目に挙げられる方法として火葬があります。ハムスターなどの動物の火葬は、大きく分けて合同火葬と個別火葬の2種類あります。

まず合同火葬とは、複数の動物を同時に火葬する方法です。費用はできる限り抑えられるというメリットがあります。しかし、自分の愛するハムスターのお骨が他の動物のお骨と混ざってしまうため、回収ができないというデメリットも持ち合わせています。

個別火葬とは、ハムスター1匹ずつ丁寧に火葬する方法です。1匹の火葬なので、他のお骨と混ざることはなく、綺麗な遺骨として回収できるというメリットがあります。しかし、合同火葬と比べるとその費用は高くなるデメリットも存在します。

また、火葬を行うことによって、愛しているペットのお骨を保管することもできます。さらに、一部のお骨をネックレスとして身につけることもできるので、いつでもどこでもあなたの側にペットがいたことを実感できるのではないでしょうか。

 

関連記事:

大事なペットの火葬にはどのようなお花を選べばいいの?悩んでる方に向けて解説します。

 

次はハムスターの葬式について説明します。

 

ハムスターの葬式を行う

ハムスターの葬式は、実際どのようにして行うのか。犬や猫の葬式なら聞いたことはあるけど、ハムスターの葬式はあまり聞きなれない方もいるかもしれません。

現在では、どんな種類のペットの葬式でも一般的に行われる時代になってきたため、ハムスターの葬式も一般的な犬や猫の葬式と内容は変わりません。

 

関連記事:

ペットのお葬式とは?葬儀の流れや服装マナーを紹介します。

 

ハムスターのお葬式を検討している方のために、次は火葬や葬式にかかる費用について説明します。

 

ハムスターの火葬や葬式にかかる費用は?

 

ハムスターの火葬や葬式にかかる費用は?

 

ここからは、ハムスターの火葬や葬式にかかる費用について説明します

 

火葬や葬式の基本的な相場としては、30,000円〜70,000円と考えておくと良いでしょう。

ネックレスなどのアクセサリーを作成したい場合は、およそ5,000円〜で追加の費用が発生します。

また仏具の購入を考えている場合は、追加で20,000円〜30,000円程度の予算が必要です。

お坊さんによる供養も存在しますが、これといった相場は無いため、地域別で適宜検索することをおすすめします。

 

最近は亡くなったペットの遺骨をお寺に納骨し、法要をオンラインで行えるサービスも登場しています。例えば「ペットのお葬式」で火葬を行う場合(月例法要1年を含む)は36,000円であり、納骨を行う場合(納骨1年と月例法要1年を含む)は70,000円となっています。

 

関連記事:

共にいたペットをきちんと供養してあげたい・・そんな気持ちに応えます!

 

ハムスターのお葬式や火葬で悩んでいる方は「ペットのお葬式」をご検討ください

「ペットのお葬式」は、お寺の手厚いサポートを受けられるので、安心してペットの供養を任せられます。

 

お寺に納骨して手厚くご供養

東京・大阪・京都のお寺を中心に、お寺に納骨、オンラインで月例法要と手厚くご供養いただけます。

 

お供えを寄贈

お供えのお下がりを、保護犬・保護猫の施設に寄贈し、お供え物の破棄を軽減いたします。少しでも食品ロスを防ぎSDGS活動に活かします。

 

スマホでご供養

・オンライン月例法要

・アプリのお墓

・マインドケアアプリ

 

お子様の情操教育の一環としてもご利用いただけます。

 

ペットのお葬式」なら、事情により法要が難しい方、高齢・体が不自由などで法要ができない方、どなたでも安心してペットのお葬式を行えます。

 

まとめ

本記事では、愛するハムスターが旅立った時の対応、火葬や葬式について詳しく解説しました。

「犬や猫と違ってハムスターだから、火葬や葬式はできないのかな」と悩む方もいますが、そのようなことはありません。最近では、ハムスターの火葬や葬式がより一般的になってきており、これからも増加していくのではないでしょうか。

もし、ハムスターの火葬や葬式をご検討されている方がいましたら、ぜひ「ペットのお葬式」にご相談くださいませ。

 

関連記事:

愛猫が亡くなったらなにをすればいい?お葬式までにするべきことを説明します

亡くなった愛犬のお葬式はどうすればいい?するべきことや費用を説明します

うさぎが息を引き取ってしまったらどうすればいいのでしょうか?葬式までの流れを丁寧に解説します。

インコが亡くなったらお葬式はできる?葬式費用や火葬方法などについて説明します。